#PrayForKyoani

twitter.com
ウチの職場は視覚障害者が多いので、改めてこの事件の衝撃と虚無感を共感という形で吐き出すことができない俺がひとり、ジタバタ。
実はかなりのカルチャーショックをくらっているのは、俺の方だ…そんな俺の特殊状況はさておき。

物語やお芝居、絵や写真、それに音楽。
文化や芸術といわれるものは、必ずしも生存それ自体にとって「食べる・運動する・眠る」ことのように直接は関係なさそうなものだけど。
喰うに困っているならともかく、ある程度生活に余裕ができるようになると、「人間の生活」を本当に豊かにしてくれるのはカネ、なんかじゃなくて、こうした芸術や文化と呼ばれるものなんじゃないかと思う。逆にそういうものが生活に身近にあること、それを「豊か」だと感じられることこそが、他の動物と大きく異なる「人間として生きる」ことなんじゃないだろうか。
丁度ここ最近、何かと行き詰りを感じていた俺の日常生活の中にあって、DVDを観るというのが数少ない独り暮らしの楽しみとして、新しい生活習慣になりつつあったところで、作品数としては決して多くはないものの、同じ話を何度も繰り返し鑑賞しては、時に笑い、時に涙して、「また明日から生きていこう」と思わせてもらっていたところだった。そんな定番作品の中には、知らず知らず「京アニ」制作のものも多くあったから、知らないなりに名前だけは憶えていた。
それだけに、今回の出来事は本当に心に「痛い」。
当面は現実に起きてしまったことへの「邪念」なしに物語に入り込むことができそうになく、今は何よりエンドロールが正視できない。
しばらくは映像そのものを愉しむこともできないだろう。
狭義的には多くの優秀な人材、スキル、それに記録やフィルムなどのデータを失ったということになるが、こうした文化に対して「無知な破壊行為」は、そうした世界の果てにいたはずの俺からも、やっと見つけた生活の潤いを理不尽に奪っていってしまった。
こんな理不尽さには負けることなく、時間はかかってでもいつかはまた、元通りの生活に戻したいとは思っているが。

俺がツイてなかったのは、来週末に演奏の予定があるのだが、今のメンタル状況のままでは正直どうやっても意気が上がらない。そこはまだ1週間という、潤沢ではないながらも膨大な時間があるので、当日まで決して諦めず、何とか過去の演奏経験をフルに動員してでも、いつものように本番演奏にその「頂点」を持っていきたいとは思っている。
何より当日の演奏を楽しみに、わざわざ会場まで足を運んでくださるお客さんたちには、何の関係もない話だ。
元々形のないものだしそもそもアニメーションと音楽では表現の形そのものが違う。だいたい俺たちの音楽演奏の影響力なんか、(京アニの影響力と比べるのもおこがましいが)一度に高々数十人が関の山というところだ。
けれど、「もらったもの」は直接返せないながらもちゃんと引き継いでいきたい。
一見滑稽で無理なこじつけのようだが、そういう風にでも思わないと、思えるようにならないと、いつものように歌える気がしないのだ今の俺は。
なんかショックがデカすぎて、まだうまくことばにできないよ。

雨の(?)秩父へ。

f:id:oku_anijin0406:20190717232006j:plain
「閣下、このような形状のものをみせびらかして、果たしてよいものでしょうか?」 「なんと破廉恥な…しかもまだ剥けきってない(?)ではないか」 「あ、トンネルです…」

というフランス小噺(違)が思い浮かんでしまうほどもう限界だ、俺の「秩父欠乏症」。「餓死上等」とばかり、遠出することに。
純粋に観光地目当てだったら、悪天候なら当然中止も選択肢なわけだが、湯治が目的で通っていた頃は藁にもすがる思いから余程の荒天でない限り中止の決断はないわけで、その当時を思い出して雨の秩父に今の我が身を置いたら、いったいどんな過ごし方をしようとするのだろうか、などと思ったり。

f:id:oku_anijin0406:20190717232829j:plain
しかし雨、止まないねぇ。
所沢を出るあたりから、ようやく傘が必要になるような雨の降り方ではなくなり、ということは写真にも銀色に映る雨すじを収めることができなくなり、ただの曇り空。写真でいう一番ツマらんパターンで、どこまでも運の悪い「雨男」っぷりだ。
f:id:oku_anijin0406:20190718000408j:plain
西武秩父駅でも、子育て中。
秩父に着いたら何をおいてもまず秩父神社にご挨拶に伺わねばなるまい。
f:id:oku_anijin0406:20190718000455j:plain
f:id:oku_anijin0406:20190718000524j:plain
f:id:oku_anijin0406:20190718000551j:plain
平日の人出は、この程度。
途中、ユニクスそばのBookoffにも寄り道してから、常楽寺へも上ってみた。
f:id:oku_anijin0406:20190718000635j:plain
何故か大きくズレている鳥居。
f:id:oku_anijin0406:20190718000726j:plain
ユニクスの裏手崖は大掛かりな掘削工事中で、どうやらまた何かでっかい建造物を造ろうとしているらしい。
ニューディール政策をまだ、「あがめ奉る者たち」だ。
f:id:oku_anijin0406:20190718000750j:plain
坂氷の交差点から裏道を、もう何度も訪ねている大慈寺を目指す。
f:id:oku_anijin0406:20190718000943j:plain
ああー武甲山が、見えない。
小ぢんまりとした山寺の風情がとっても好ましいのだが、県道11号を行き交う車の音が騒々しいのが唯一のネック。しかしなぜか今日は車列が途切れて不意の静寂、という時間も結構頻繁にあった。
f:id:oku_anijin0406:20190718000901j:plain
そんな静けさの中でアニメのワンシーンと同じように石段に腰掛けてみると、足元からなにかがすーっと抜けていくような感じがして、何やらとっても心地よかった(パワースポット?)。なんだろ、これ。
休日にはまだまだ「聖地」として訪れる人が多くて、実際にはアニメよりも幅の狭い石段に腰掛けたりするのは通行の妨げ、迷惑になってしまうのだが。
f:id:oku_anijin0406:20190718001055j:plain
せっかくここまで来たので、そのままバスで西武秩父駅へ戻るだけなのも味気なくて逆方向へ、
以前断念している旧モンマート前⇒語歌堂⇒武甲温泉横瀬駅への横断ルートを開拓してみた。
f:id:oku_anijin0406:20190718001203j:plain
札所5番、語歌堂。
ご朱印・納経所の長興寺までは徒歩3分、ルートをはみ出て足を伸ばすつもりだったがなんと不意の腹痛。看板地図にあって一番近いはずの公衆トイレを求めて町民グラウンドへ。無人の語歌堂には公衆トイレの設置がないのだった。
教育委員会管理」の看板があり無人のグラウンドは、鉄柵が入場を拒んでいるようだったので躊躇していたところ、丁度入ってきた軽トラックの運転手さんが「何か御用?」と声をかけてくださったので、間一髪助かった(笑)。
今日、秩父まで来て初めて、現地の人の親切に触れることができた瞬間。
f:id:oku_anijin0406:20190718001523j:plain
心ばかりのお礼に、近くの自販機で缶コーヒーを買ってついでに一服させてもらう。
この「田端商店」前はコミュニティーバス・ブコーさんのバス停にもなっているが、時刻表を見る限り使い勝手が大変悪く、これでは高齢を理由に自動車免許を返納したら生活そのものが成り立たないのではないかと心配になってしまう。
f:id:oku_anijin0406:20190718001542j:plain
うっかり買い物や通院に出たら、帰って来れないのでは?
その武甲温泉前を素通り。大変未練が残るが、今日はまだ回りたいところがあるので寄らず。
f:id:oku_anijin0406:20190718001829j:plain
晴れたーっ!!
横瀬駅では丁度下り電車が出たばかりのタイミングだったらしく、男子高校生がひとりホームで待ってはいたが、彼も明らかに乗り遅れた体。
俺の足だったら羊山経由で西武秩父駅までのひと駅、30分もあれば丁度いい散歩コースなのだが。
そんな俺の迷いに追い討ちをかけるように「下り各駅停車、8分遅れ」とのアナウンスで、益々散歩にしちゃえばよかったロス・タイム。
f:id:oku_anijin0406:20190718002050j:plain
上りの交換レッドアロー「ちちぶ」号は、てっきり次駅芦ヶ久保で交換に変更かと思ったら、特急のくせに「抑止」でやんの。
俺はお陰で、この「レッドアロー・クラシック」を間近に眺められたが。
やっぱり初代レッドアローの直線的な流線型(?)が一番、カッコよかったよなぁ。ハメの外し方が迷走中な、西武特急。
f:id:oku_anijin0406:20190718002706j:plain
西武秩父駅に戻って、矢尾百貨店で味噌ポテトと缶ビールを買い、そのまま念願だったトラゲット(旧松竹秩父国際劇場)で夕食を済ませてから帰宅、のつもりだったのだが、トラゲットはディナータイムになってしまったせいか入口にメニューが掲出されていなかった。さすがに財布の残金が心許なくなってきており、建物の迫力にも気おされて敢え無く撤退。こんなに秩父駅寄りにあったんだっけ。ということで一旦秩父駅まで歩き通したが、腹が減ってきたせいかなんだか急に疲れが出る。17時を回ってしまっており、贔屓の「じばさんセンター」もすでにシャッターを下ろしてしまっている。
不本意ながら西武秩父駅に戻り、「祭の湯」フードコートでわらじかつ丼を注文した。味噌ポテトが控えているので、「小」でこと足りる。
f:id:oku_anijin0406:20190718002359j:plain
空腹に耐え切れずひと口食べてしまってから、慌てて写真に収めたの図。
窓の外は急速に暗くなり、異郷での夜、という不安感が「遠くへ来た気分」を実感へと盛り上げてくれる。なんだかワクワク。
f:id:oku_anijin0406:20190718002523j:plain
平日夜の空席具合。
18時からは「飲み放題ビアホール」の幟が立っていたが、平日夜のフードコートはそもそも人がいない。
売店に寄って念願の日本酒を買う、持ち帰り用。
f:id:oku_anijin0406:20190718003037j:plain
特急ホームには西武の新特急「Laview」が発車時間を待っていた。
一番の特徴である巨大な側窓は、夜になると照明の加減でむしろ外から車内が丸見え。そのうちわざとミニスカート穿いて窓際に座るヤツが出てくるよーな(いないか)。
おまけに西武鉄道としては、進行方向が変わる飯能駅まで「後ろ向き」とするのが既定らしく、まだ明るかったら見所の秩父線内の景色が後ろ向き。どんな罰ゲームだよ感。
f:id:oku_anijin0406:20190718003141j:plain
俺はそんな何かと「窮屈な」特急をあっさり見送って、5分後発となる各停へ。
ガラガラなボックスシートに誰に気兼ねすることなく進行方向に向いて足を延ばして座り、矢尾百貨店で買っておいた味噌ポテト+缶ビールを窓サッシに拡げる。
f:id:oku_anijin0406:20190718003307j:plain
今日は串なしの方にしてみました。
シートはリクライニングこそしないが、別に先を急ぐ道中でも無し。
これぞ至福っ!

秩父鉄道への連絡線を長瀞行きが下っていく向こう側から、すれ違いざまに抜け出てきたのは…昼間撮り逃したピンクのデキ504!
慌ててカメラを構えるも、暗くて止まって写ってくれない…やや泡喰ったまま咄嗟に流してみた結果が、これ…。
f:id:oku_anijin0406:20190718003554j:plain

何故だか気が高ぶっており、いつものように酔いに任せて眠ることができないまま飯能駅終着。
往路と同じルートで千葉へ帰宅したら23時を過ぎていた。
また行こーっと。

このところ

さすがにトバし過ぎ(自爆し)たので、
f:id:oku_anijin0406:20190710221730j:plain
休みます。とゆーか行方知れず?
期日前投票もさっさと済ませたし、
5 連 休 ~~~~!!!
今年の夏も全社休にはしないそうなので、ひとりさっさと夏休み。
どうせ世間の夏休みに合わせて休み取ったところで、遠出ができるわけでなし。
繁忙期だかなんだか知らないが、日頃安月給でこき使われてるので、せめて「自由」だけは担保していただきましょう。
というわけでブラックアウト。通例に従い、電話もメールも繋がらないからよろ。

自暴自棄。

f:id:oku_anijin0406:20190709204008j:plain
あーもうっ、何もかも面倒くさいっ!
どこをどう叩いても、仕事へのモチベーションが1mmも出てこなくなっちまった。
どれほどことばで感謝されようが、会社の俺への「評価」は所詮この、安月給。

続きを読む

今朝の中央・総武線

中央・総武線各駅停車は、工事の遅れにより遅れがでております。」(笑)
そりゃでるだろーよ、遅れ(゜o゜)\(-_-)
こっちは早起きでまだ寝ぼけてるんだから、朝から千葉まで、小さい笑い取りに来るなよ…さわやかさんだなーJR東日本*1

*1:JR北海道の技術指導とか、やってる場合か?! 案外、鉄道事業者の認可取り消されるの、北海道より先だったりして。